スポーツと年齢

スポーツにおける年齢の考え方は、一昔前とは大きく変わってきたように思います。もちろん、年齢に対する考え方は、競技によって異なります。ゴルフ等では、かなり高齢になっても行うことができるでしょう。これに対し、水泳等は、比較的低い年齢で、能力が落ちてくると思います。プロ野球等でも、昔と比べて高齢で活躍する選手が増えてきたように思います。一昔前であれば、引退しているのが当然の年齢でありながら、第一線で活躍している選手もいます。

これは、スポーツ医学やトレーニング理論の発達によるところが大きいように思います。柔道や空手、剣道のような武道は、本来は試合を目的としてものではなく、生涯修業を続けるものです。そのためか、60代になっても練習を行なったり、試合に出ている人もいます。そういう人は、同年齢の他の人と比べて、かなりレベルの高い運動能力や体力を持っています。

40代を過ぎれば、全く運動をしない人と、運動をする人との間には、大きな体力差ができてくるようです。もっとも、健康という点からみれば、高齢になって激しい運動をするのは、あまり好ましくないようです。健康という点から考えれば、年齢に応じた練習を行うことが必要だと思います。
会社設立を札幌で
設立するならまずはフリーダイヤルへ
バナー広告 デザイン制作
バナー作ります
EMSとUPS
バッテリーはソーラーで環境に優しく